旅のブログ

九州全域ラーメン食い倒れの旅:九州各県に独特のラーメン文化がある

はじめに

九州に行けば、中州や天神、長浜の屋台でラーメンを食べるのが定番だ。しかし九州各県によって微妙に異なるラーメン文化が根付いている。九州を博多ラーメンとしてひとまとめにしてしまうのもやや寂しい。

もちろん博多の中で美味しいラーメン店を探して食べ歩くのも悪くない。しかし各県を回って独特のラーメンを食べ歩くのも観光を兼ねて楽しいものである。

博多は現在の福岡県福岡市の地域になっている。博多湾にに面する港湾都市として栄え中世では日本史上初の自治都市として大商人たちによって治められていた事があった。

現在は名称として「博多駅」「博多湾」「博多区」などが残っている。博多区と福岡市とどこが違うのかと言われれば「同じ」と答えても大勢に影響はないと思う。しかし「福岡」より「博多」と言う言葉に愛着を感じる人が多い。

僕は福岡県の西新に3年間住んでいた。アパートの近くのラーメン屋さんには大変お世話になった。この西新商店街は福岡でも人気のあるエリアでラーメン、カレー、うどん、イタリア料理、定食屋、カフェ・・・など美味しいお店がいっぱいある。

僕の通っていたラーメン屋さんは名の通ったお店ではないが、僕にぴったりの味で毎週食べていた。博多ラーメンの大きなメリットは「替玉」(プラス100円が多い)が出来ることだ。麺がやや少なめなので足りなければ麺を追加してくれる。

中学生が押しかけて、ラーメンを一杯注文し、あとは「替玉」で次から次へと食べる。5人で食べたって1,000円くらいだ。店の親父さんは無料で少しスープも足してくれる。こんなアットホームなラーメン店は九州ならではである。

福岡県 長浜ラーメン

福岡県と言えば「長浜ラーメン」が有名だ、ここは押さえておいた方が良い。「博多ラーメン」=「長浜ラーメン」と考えても言いかもしれない(微妙な差はあるのかもしれないが)。

「博多ラーメン」の有名どころは「一風堂」「一蘭」「一幸舎」などがあり、全国展開、世界展開が近年盛んだ。「長浜ラーメン」は「元祖長浜屋」が有名だが、紛らわしい名前が多いので、現地の人によく確認した方が良い。

「長浜ラーメン」の特徴は白濁した豚骨スープに極細のストレート麺の組み合わせが一般的だ、この点は「博多ラーメン」と同じだ。あっさりとしたスープに麺の量はやや少なめ、しかし「替玉」が出来る。また麺の硬さもお好みで調節してくれる。

熊本県 熊本ラーメン

「博多ラーメン」に比較してやや太麺、豚骨スープに鶏ガラを加えてコクとマイルドを両立させている。そして使うにんにくは焼いたり、揚げたりしてより香ばしさが増している。

具材には台湾風に味付けした、煮玉子、キクラゲ、メンマ、チャーシュー、刻み小ネギ、海苔等が用いられる。「博多ラーメン」よりこちらのほうが好きだと言う人も多い。

佐賀県 佐賀ラーメン

佐賀ラーメンの特徴は柔らかいやや太めのストレート麺だ。スープは豚骨だが脂分、塩分がやや抑えられている。そして生卵をトッピングするところが多い。

佐賀ラーメンの有名どころとしては「らーめん もとむら」「幸陽閣」「いちげん」などがある。これも地元の人に聞きながら美味しい店を探すのも良い。

大分県 大分ラーメン

大分ラーメンは「佐伯ラーメン」と言った方がいいかもしれない。大分県佐伯市の地元ラーメンだ。醤油豚骨系のスープに太麺が特徴である。店によっては豚骨と魚介のスープを混ぜているところもある。

代表的な「佐伯ラーメン」はしょっぱい、脂っこい、コショウ多めににんにくパウダーをふりかける。そして具材はチャーシュー、ネギ、もやし、ゴマ、スープは少なめだ。佐伯市は造船業や漁業など力仕事で汗をかく人が多く、塩分補給の意味合いとして濃いめのラーメンが好まれたと言われている。

鹿児島県 鹿児島ラーメン

豚骨の半濁スープにストレートのやわらか麺が基本だ。野菜がたっぷり入っている。有名店としては「こむらさき」「のぼる屋」「のりー」などがある。

注文してからラーメンが来るまで、お茶とダイコンの酢漬けやたくあんが出て来る。たくあんを食べてお茶をすすりながら待つのもおつだね。

宮崎県 宮崎ラーメン

一般的には柔らかな太麺にあっさり系豚骨スープが特徴だ。九州他県の中でも最もあっさりとした味かも知れない。お客さんの好みでニンニク醤油をスープに混ぜても美味しい。

突き出しにたくあんが出て来るところは鹿児島ラーメンとよく似ている。「栄養軒」「風来軒」「響」「宝来」などがお薦めだ。

長崎県 長崎ラーメン

長崎は「長崎チャンポン」だろうと言う人が多い。しかし長崎も実はラーメン王国でもある。ラーメンのルーツは江戸時代末に開港した横浜、神戸、長崎、函館から始まったと言われている。

上記の地区には中華街がある。ここで食べられていた麺料理が日本中に広がったと考えられる。確かにラーメンを支那蕎麦(しなそば)と言う地区もある。

あっさり豚骨スープに細麺もあれば太麺もある。豚骨スープにアゴ出汁を混ぜ磯の風味を感じさせるものや、ラーメンとチャンポンの中間のようなラーメンもある。色々と歩いてみるのもお薦めだ。

ラーメンではないが福山雅治さんが大好きな「思案橋ラーメン」のバクダンちゃんぽんを試してみるのも面白い。

以上、色々とラーメンを紹介したが、自分に合ったラーメンを探す旅も楽しい・・・思わず入ったお店が当たればこんなうれしいことは無い。

TATSUTATSU

東京 有楽町・銀座界隈お薦めラーメン店をご紹介、一度食べてみてね

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP